ニードル脱毛は日焼けをしていても大丈夫

ニードル脱毛は日焼けをしていても大丈夫

以前はあまり受けている人がいなかった美容サービスといえば、脱毛が挙げられますよね。
最近の脱毛は、一つの部位であれば、千円単位の料金で受けることが可能ですし、全身脱毛であっても、以前は100万円以上もかかったのですが、現在では10万円単位の料金で受けられるようになりました。

 

皆さんも、脱毛の施術を行っているサロンの宣伝もよく見かけるかと思うのですが、サロンの多くが取り入れている方法というのが、「光脱毛」という方法になります。
光脱毛というのは、メラニン色素にのみ反応し、熱エネルギーを与える機械を使用して脱毛する方法です。

 

ところが、お肌に存在するメラニン色素といえば、ムダ毛だけではないですよね。
日焼けもメラニン色素が生成されることによって起こるものです。
そう考えますと、日焼けをしている状態の時に光脱毛を受けることはできません。
もし受けてしまうと、脱毛効果が半減したり、ヤケドをしたりする恐れがあります。

 

とはいえ、いくら気を付けていたとしても、日焼けをしてしまう場合もありますよね。
そのような場合は日焼けが落ち着くまで、施術を見送らなければならないので、予約を変更する手間がかかります。

 

現在は、光脱毛がメジャーな脱毛方法であるため、「日焼けをしていたら脱毛は受けられない」という情報が出回っています。
ですが、全ての脱毛方法が、日焼けをしている状態に適さないというわけではありません。
実は「ニードル脱毛」という方法であれば、日焼けをしていても脱毛の施術を受けることが可能です。

 

ニードル脱毛は、1つ1つの毛穴にニードルを刺し、そのニードルを通して微弱な電流を流し、毛根部分を直接破壊してムダ毛の再生を阻害する方法です。
施術に必要なのは毛穴の存在であるため、お肌にメラニン色素があるかどうかは関係ありません。
基本的には、お肌が何色であっても施術が可能なので、例え日焼けをしていたとしても、脱毛することができます。

 

光脱毛は日焼けに左右されてしまうのですが、ニードル脱毛は日焼けに左右されることがないということなので、脱毛の施術期間中に日焼けをするかもしれない可能性がある方は、最初からニードル脱毛を選んだほうが良いかもしれません。
手間が掛かる方法であるため、お金はかかりますし、毛穴に針を刺すため、強い痛みを伴うことも想定されるのですが、高い脱毛効果が期待できる方法なので、「しっかりと脱毛して、つるつるのお肌を手に入れたい」という方にはおすすめです。

ニードル脱毛は黒い部分があっても大丈夫

ムダ毛処理をして、ムダ毛がキレイに処理されたお肌を維持していくことは、女性にとっては基本的なことですよね。
多くの女性が社会進出するようになってからは、なおさらムダ毛処理に気を遣っていかなくては、仕事にも少なからず支障が出るという場合もありますし、ムダ毛が生えっ放しだと、自分自身で見ていても「あぁ…私ってだらしないなぁ…」なんて思ってしまうと思います。

 

ムダ毛をキレイに処理することができて、なお且つムダ毛の再生率を徐々に下げていくことができるのが「脱毛」です。
ここ数年の脱毛は、料金も非常にリーズナブルになっていますし、店舗数もどんどん拡大していっているので、一般の人でも気軽に利用することができるくらい、敷居がずいぶんと低くなっています。

 

一言に脱毛といっても、いくつかの種類がありますが、その中でも特に主流と言われている方法が「光脱毛」という方法です。
光脱毛は、黒い色素に反応するという性質を持った機械を使用して、毛のもととなる毛母細胞を破壊する方法なので、光脱毛を受けるのに適さない場合もあります。
それは、タトゥーや刺青などを入れているような、お肌に黒い部分がある場合です。

 

お肌に、タトゥーや刺青などの黒い部分があると、光脱毛の場合はもちろんタトゥーや刺青に反応してしまうので、タトゥーや刺青が薄くなってしまったり、ヤケドを負ってしまったりする可能性があります。
そのため、タトゥーや刺青を入れている方には、その部分に白いシールやテープを貼ってから照射するという対応を取ってくれます。
しかし、時間が経過してタトゥーや刺青が薄くなってきた時に、タトゥーや刺青の部分のムダ毛が目立つようになってしまうと、また光脱毛を受けなくてはならなくなります。

 

ですが、ニードル脱毛であれば、1つ1つの毛穴に施術を施していく方法なので、タトゥーや刺青などの、お肌に黒い部分があっても大丈夫です。
ですから、タトゥーや刺青が入っている部分の脱毛も、ニードル脱毛であれば問題なく対応できるので、タトゥーや刺青を入れているという方には、光脱毛でも良いのですが、できればニードル脱毛のほうをオススメしたいです。

 

ニードル脱毛は、電流の流れる針を1つ1つの毛穴に刺していく方法なので、痛みが強い上に時間がかかりますし、毛深ければ毛深いほど、料金が上がっていきます。
ですが、直接毛母細胞にダメージを与えることができますし、「良薬は口に苦し」ということわざのように、痛みが強い分効果が高いと言われています。
我慢できない痛みの時は、痛みを軽減できるそれなりの対応も取ってくれますから、それほど心配は要らないと思います。